「車を持ちたい(必要だ)!」「でも家計管理もしなくちゃ!」それならカーリースを使ってみよう

お金・節約
スポンサーリンク

こんな人に読んでもらいたい記事です.

・「車を持ちたい(生活のためには必要だ)!」
でも
「しっかり家計管理しなくちゃいけないとも思っている」

・新車,中古車問わず車の購入や
乗り換えを検討中だ

という人

結論

・自動車は費用が大きい上に「保険」や「修理」で
出費のタイミングが読めず,家計管理を難しくするものです.

・カーリースで定期的な支払い額を
一定にすることで家計管理しやすくしよう.

選べる3つのリースプランでサポート

はじめに

こんにちはりゅういえんじにあです.

今回は自動車を買わずに,借りることで
利用するカーリースについて紹介します.

「できれば自分で車を所有したい!」
という人も多いかとは思います.

しかしカーリースすることで,
「自分の車のような使い勝手が手に入り」かつ
「自動車を所有することによる煩わしさがなくなる」
というメリットを享受することができたりします.

今回はそんなカーリースのご紹介です.

カーリースってなんぞや

カーリースとは,以下のように説明されています.

カーリースとは

自分の乗りたい車をリース会社に代わりに購入してもらい、リース会社から借り受ける仕組み

カーリース・ラボ

レンタカーやカーシェアよりも長い期間
車を借りるののまるで自分の車のように使えるのが
ポイントです.

カーリースのメリット

(1)月々の支払い一定でらくらく

カーリースを利用することでユーザーは
金銭的コストの予測をたてることができます.

カーリースの金銭的なポイントには
ユーザーの定期的な支払い額を一定にできる,
という点があります.

自動車には「車検」「修理」「定期点検」など
突発的な出費がかかる場合があります.

家計管理をする上で,突発的な支出は頭を
頭を悩ますものの一つです.

毎月の支払い金額が一定であれば,
家計管理がぐっと楽に成なりますね.

例えば以下の「伊藤忠エネクス」の
カーシェアサービスは月1万円から利用可能です.

人気の新車が毎月定額で月々1万円台から


(2)「面倒な手間」からおさらば

カーリースを利用することでユーザーは
時間的コストを抑えることができます.

カーリースの手続き的なポイントには
ユーザーの面倒な諸手続きが不要
というものがあります.

一般的に自動車を所有すると,
税金や自動車保険など様々な手続きをしなくては
いけません.

ところが車の所有者はリース会社なので,
税金納付の義務はリース会社にあります.

つまりユーザーは「納税」作業を
する必要がありません.

またカーリースの契約内容には車両保険などは
すでに含まれているので,別途保険を探す手間が
ありません.
(契約中に事故で使用不可になると,
カーリース会社に損害が及ぶため.)

(1)のような定期的な費用を支払うことで,
面倒な手続きを取る必要がなくなるので
時間の節約になるんです.



 

(3)短い期間で最新の車に乗り換えOK

カーリースではコモディティ化に対応できます.

コモディティ化というのは以下のように説明されます.

コモディティ化とは、市場参入時に、高付加価値を持っていた商品の市場価値が低下し、一般的な商品になること。

シナジーマーケティング「コモディティ化」

近年,電気自動車や自動運転など
自動車の開発スピードは著しいものがあります.

開発スピードが著しいということは
せっかく購入した最新の車が
あっという間に一般的なものに成り下がってしまう
(コモディティ化する)ということを意味します.

一方カーリースで自動車を利用した場合
車の所有者はリース会社ですので,
契約期間が過ぎれはすぐに新しい車に乗り換えることが可能です.

一般的に契約期間は車の買い替え時期よりも短いので,
自分で自動車を購入するよりも短いスパンで最新型の
車を利用することが可能になります.

最新の車は燃費もよく,安全性も高いので
家計の負担をより減らすことができますね.

例えば以下の「伊藤忠エネクス」の
カーシェアサービスは最短3年から契約可能です.

つまり最短3年ごとに新しい車に乗れるんです!

月々1万円台で新車に乗れる!【カースタくるまリース】

デメリット

最後に,カーリースで自動車を利用したときの
デメリットも
紹介します.

総額でみると購入した場合よりも割高になる場合がある

当たり前ですがそれらを代わりにやってくれる分の
手数料が月々の支払いに乗ってきます.

ある意味金利と言ってもよいかもしれません.

ただ,この差額は(1)~(3)のメリットを受けるための
「手間賃」だと考えると,このデメリットは
妥当なものと考えられます.

それよりも,日々の生活でカーリースを利用することで
浮いたお金や時間を使って自分の生活を向上させるための
行動を起こしてみればいかがでしょうか?

おわりに

自動車は購入時,修理時など
まとまったお金が必要で,家計管理の負担になるものです.

しかし,生活のためには切り離すことができない場合もあります.

そんなときに「カーリース」は家計管理の
強い味方になりますね.

カーリース導入のきっかけになれば幸いです.

ありがとうございました.

カーリースの申し込みは以下のバナーからどうぞ↓



コメント

タイトルとURLをコピーしました