はじめての転職サイト登録体験記

お仕事アイデア
スポンサーリンク

こんな人に読んでもらいたい記事です

・転職サイトに登録するとどうなる?

・転職サービスを利用するとき知っておくべきことは?

・転職サービスの注意点は?

という人

結論

・自分のキャリア,市場価値を見直すことを目的にとある転職サービスに登録してみました.

・「今すぐ転職!」という意識が強くないからこそ見えた
転職サービスの使い方,注意点他を整理します.

転職サービスに登録してみた

こんにちは,りゅういえんじにあです.

自分のキャリアの棚卸し,自分の市場価値の確認を目的に
とある転職サービスに登録してみました.

「今すぐ転職!」という意識が強くないからこそきづいた
転職サービスの使い方,注意点他を整理してみようと思います.

いざ転職サービスに登録!

自分は情報を登録することで,会社からのスカウトや
エージェントから連絡が来るサービスに登録してみました.

(他にどんなサービスがあるのかはまだちょっとわかりません…)

いきなり「職務経歴」を書く!→余裕があるときから職務経歴を書いておこう

「まずはひとまずアカウントだけ作ろう」と
思っていたのですが,アカウントを作る過程で早速職務経歴を
記入しなくてはなりませんでした.

約400文字です.

あとで書こうと思ったのですが,どうもそれでは許してもらえないみたいなので(笑)
とりあえず文章を絞り出してかきました

「普段余裕があるときから職務経歴を400文字程度でまとめておくべき」
ということがわかりました.

いろいろ追い詰められて「転職したい!」って思ったときに
まともな内容をかけるわけがないですからね.



いろんな会社,エージェントからバンバン連絡がくる→軽くパニック

登録したのは日曜日午前中だったのですが,その日の夕方から連絡が来ました.

(どんだけ張り込んでいるんだ?という気持ち)

次の平日から怒涛の如くメールが届きました,まるで普段の仕事のようです

あまりたくさんのサイトに登録するのは
簡単のキャパオーバーになってしまうので,注意ですね.

あと,勤務地希望を入力したはずなのに隣の県とかのレベルではなくて
新幹線で2時間レベルの勤務地の求人を提案するエージェントも何人かいました.

「ちゃんと情報読んでー汗」という気持ちです.

きっとなりふり構わず送りつけてくるエージェントもいるんですね.

残念ながらそういうところとお話をしたいとは思いませんでした.

面談が始まった!

初めてのエージェントとの面談

経歴と今の仕事の年収,勤務時間(残業時間),転職するとしたら希望年収は?
という形で聞かれましたた.

20代と30代で求められる仕事,ポジションが違うので,
未経験で新しい職種に挑戦するなら,20代が限度とのこと.

やはり新卒の段階である程度,行きたい職種・業種に行けていないと
それだけでキャリア的には不利になりえるということでしょうかね.

いろいろ紹介されたけど,少し興味を持ったお仕事は給与が高いが
残業が多いとのことでした.

確かにお金はあるに越したことはないけど,
人生は「いくらお金稼ぐかゲーム」ではないので,
自由な時間を減らしてまでお金がほしいのか?ということを真剣に考える必要が
ありそうです.

早くも交通整理が必要そうだ

気になった求人を例示してくれたエージェントさんにメッセージベースで
問い合わせをしたら「とにかく面談しましょう」の圧が強い.

時期を分散しようにも直接電話をかけてくる場合もあり,
平日終業後の予定が一気に埋まりました.

メッセージベースでも連絡を取るタイミングが少しずらしたほうがよいですね.

カジュアル面談といいつつ採用面接

応募の有無は問いません,という名目でとある会社と「カジュアル面談」をやりました.

簡単に会社の説明を受け,その後質問タイム

・挫折経験
・仕事で大事にしていること
・仕事をしていてうれしかったこと

まだ応募もしていないので,あまり深いところまで考えていなかったのですが,
急に聞かれて軽くパニック.

上記のことは応募の有無に関わらず,会社との接触前にやっておくべきでしたね.

複数の転職エージェントと面談

複数の転職エージェントとの面談をしました.

・応募する会社,業界によって窓口が異なる会社
・会社に関わらず,ずっと同じ人が担当してくれる会社
などなど様々なやり方があることがわかりました.

自分にあったエージェントさんを見つけるためにも複数の会社と面談する方がいいですね.

おわりに

今回自分のキャリアの見直しを目的の転職サービスに登録してみました.

(現在進行形です)

随時気づいたことを整理していきます.

ありがとうございました.

 

タイトルとURLをコピーしました